平凡社 世界大百科事典

標準大気

対流圏や成層圏内の気圧,気温,密度などの高度分布を実際の大気の平均状態に近いように表した大気のこと。標準大気は現実の大気に近い仮定を基準にして作られ,いろいろな要素の鉛直分布は単純な形で表す。日本標準大気,アメリカ標準大気,国際標準大気などがある。内容的にはほぼ同じで,航空機の気圧高度計の目盛付けなどの基準に使われる。→大気

朝倉 正