平凡社 世界大百科事典

標準音

音楽において音の絶対音高を規定する際に基準となる音。音名とその周波数(振動数ヘルツHertz(Hz))で示す。どの音を標準音とするかは民族や時代によりさまざまで,ジャンルによって異なる場合もあった。ヨーロッパ音楽では伝統的にイ音が標準とされ,1939年のロンドン国際会議以後はイ=440Hz(室温20℃のとき)が国際標準音international pitchとして認められている。日本では1948年に文部省が440Hzを採用し今日にいたっている。しかし,実際の演奏においては必ずしも440Hzとは限らず,むしろこれより高めの音に合わせることが多い。また演奏中に楽器の温度変化により全体の音高も変わっていくのが普通である。

 標準音高は歴史的にかなり複雑な経緯をたどってきている。ヨーロッパ音楽の場合,ある音を特定の絶対音高に結びつける考え方が本格的になったのは19世紀以後で,それまでは標準音高そのものも相対的に把握されていた。古い時代の標準音高は,現存する古楽器(とくに音高が容易には変えられないオルガン)や各地に残された壱越(いちこつ)を標準音としている。

土田 英三郎