平凡社 世界大百科事典

アカグツ

アンコウ目アカグツ科の海産魚。本州中部以南,東シナ海からインド洋にかけて分布し,やや深海の砂れき底にすむ。頭部は縦扁して円盤状をなし,軀幹(くかん),尾部は幅が狭く短い。背面が赤みを帯びているのでアカアンコウとも呼ばれる。頭部背面および体部側面には星形の基底をもつ強いとげが散在する。全長約25cmに達する。運動性に乏しく,腕のような形をした胸びれと腹びれを用いて海底をはうように移動する。背びれの棘条(きよくじよう)は変形し,1本の触手となって吻端(ふんたん)にあり,ふだんは左右の鼻孔の間のくぼみに納めているが,餌をあさるときには,これを揺り動かして小魚を誘引する。食用としての価値はない。

日比谷 京
図-アカグツ
図-アカグツ