平凡社 世界大百科事典

国家社会主義

人類が社会生活を営むにあたって必要な相互統制機能を永久不可欠のものとみなし,統制機関としての高度な段階のものを国家,さらにその最高段階を資本主義国家とし,その弊害を克服して社会主義社会を実現する,と考える思想。マルクス=レーニン主義が国家を階級支配の道具とみなし,無階級共産主義社会の実現は同時に国家の死滅であるとしたのに対し,国家社会主義は,国家を階級支配の道具とされている状態から解放し,本来の統制機関として円満な社会を運営する主体とならしめることを目的とし,かつこの国家の統制機能は人類が社会生活を続ける限り永遠のものと説く。

 国家社会主義思想は19世紀のドイツでとくに唱えられた。フィヒテらのドイツ古典哲学と,その経済学的根拠を与えたJ.K.ロートベルトゥス,A.H.G.ワーグナー,F.ラサールらの国民経済学派と,これらを継承したC.ブレンターノらの講壇社会主義者と呼ばれた一群がそのおもな唱道者であった。後進資本主義国であったドイツ連邦がプロイセンによる統一とその資本主義国としての成長をするために,ユンカー,新興ブルジョアジー,プロレタリアートを結びつける必要があった。社会政策,保護主義,専売や国有化を重視する国家社会主義はドイツの歴史的条件のなかから形成された。

 日本において国家社会主義を唱えた代表的思想家としては山路愛山,高畠素之,北一輝がいる。共通する特色として,(1)国体の尊重,(2)国家=搾取機関説を廃した国家=統制機関説,(3)階級闘争と民族闘争の結合,(4)反議会主義があげられよう(ただし愛山には(4)の主張は稀薄である)。山路愛山は皇室を中心とする日本の国民的一体性の伝統に,国家社会主義の根拠を求め,皇室と国家が資本家階級の搾取と抑圧に利用されている現状を変革し,人民が国家と皇室のもとに団結し,その保護をうける有機的統一体となることが,国家社会主義の実現であると説いた。

 これに対し高畠素之はマルクス学説の必然的帰結としての国家社会主義という主張を行った。マルクスの《資本論》の体系は,資本主義的生産の大規模な集約的実現のなかで国家独占資本主義にいたる資本主義経済の国家利用関係の進展と社会主義の物質的準備を説いたものとされた。また現実に出現したソビエト連邦の国家権力としての強大化は,資本主義が打倒され,したがって資本主義の搾取・抑圧機関としての国家利用関係が否定されても,国家の統制機能は永遠であることの実証としてとらえた。

 日本の国体,つまり皇室と人民との融合関係の強さとされている伝統を,高畠は国家がその統制機能を果たすうえで有利な条件ととらえたにすぎない。しかし1928年の高畠の死後に彼の影響下に登場した国家社会主義団体(1932年結成の赤松克麿らの日本国家社会党や下中弥三郎らの新日本国民同盟)は,特殊日本的,絶対的なものとして皇室と国体をとらえていった。この流れの多くはやがて国家社会主義から〈社会主義〉をぬき去った日本主義,国家主義を唱えて,戦争政策の推進と社会民主主義や共産主義勢力の批判者となっていった。

田中 真人