平凡社 世界大百科事典

平衡胞

無脊椎動物の平衡器官,すなわち重力方向に対する体の姿勢を知覚する器官で,外胚葉細胞が落ちくぼんで作られた小さな袋状の構造である。内面に多数の感覚毛を生じていて,体が傾くと袋内の平衡石statolithがちがう部位の感覚毛に触れることになり,これによって体の姿勢を感知する。腔腸動物,扁形動物,紐(ひも)形動物,環形動物,節足動物,軟体動物,棘皮(きよくひ)動物,原索動物などでは一部の動物群によく発達しているが,その形態や作られている部位は動物群によってさまざまである。軟クラゲ類では,縁膜の基部に作られた簡単な小穴状のくぼみで,たいていは口が閉じており,平衡石は平衡胞の細胞から分泌される。硬クラゲ類では,触手のあるものが内部に平衡石を作るとともに短い振子状に変形し,周りの表皮がそれを取り囲んで突出して鈴状になることもあり,この変形した触手が周辺の表皮に生じた感覚毛に触れて,傾きを感知する平衡器官となっている。ハチクラゲ類の縁弁器官rhopaliumの内部にもこれとよく似た構造の平衡器官が備えられており,これらも機構,機能が類似しているところから,広義に平衡胞と呼ばれることもある。クシクラゲ類では,口と反対側の傘の頂上からくぼんだ1個の深い穴で,その内部に4束の感覚毛に支えられて分泌された平衡石がある。ウズムシ類では,頭端の表皮下に閉じた袋となって1個あり,しばしば脳に接している。ヒモムシ類では,脳の中へ入り込んだ1対の平衡胞をもつものがある。多毛類でも,体前部の1ないし数個の体節に各1対の平衡胞をもつものがあり,細い管状部で体外に通じていることもある。軟体動物ではヒザラガイ類を除いて他のすべての群にみられ,足部神経節域にあって対をなしている。巻貝類,二枚貝類では簡単な袋状であるが,イカ・タコ類では目の後下方の固い軟骨性の膜囊の中に,神経,血管によって垂れ下げられており,内部には平衡石を保持する部域と3直交面方向に突出した稜突起のある部域とをもつ複雑な構造になっていて,体の傾きだけでなく,角度の変化や運動をも感知できる。甲殻類のうち,十脚類の平衡胞は第1触角柄部基節の基部の上面にあり,口がせばまった殻のくぼみで,平衡石は脱皮のたびに取り込まれる砂粒である。アミ類では最後腹肢内肢基部,端脚類では頭部,等脚類では尾節に,閉じた囊状の平衡胞がある。ホヤ類では,オタマジャクシ幼生期に脳室内に軟クラゲ類の平衡器官に類似した平衡胞が形成されるが,成体にはない。平衡胞は一般に浮遊生活,遊泳生活をする無脊椎動物でよく発達し,底生生活をするものでは接触感覚による定位が発達している。

原田 英司