平凡社 世界大百科事典

身長

正立位をとったとき,すなわち,頭部を耳眼面水平に保持し,両足をそろえ,背すじを自然にのばして立ったときの,床面からベルテックス(頭頂点ともいう。耳眼面を水平に保持したときの,頭部正中線上における最高点)までの垂直距離。スタジオメータで測った値は,垂直に立った柱に背すじを押し当てて測るため,アントロポメータで測った値よりも1cm程度大きいことが多い。2歳までの幼児では,臥位で計測する(臥位身長recumbent length)。臥位身長を測るときは,固い水平な板の上に仰臥し,足首を直角に曲げて足底を水平板に対して垂直に立った板に当て,耳眼面水平を保持し(耳眼面を,足底を当てた垂直板に平行に保持する),足底を当てた垂直板からベルテックスまでの距離を測る。脊柱の湾曲が変わり,椎間板が圧迫されないため,臥位身長は立位で測る身長よりも1~2cm大きい。立位での身長は,朝起床して以後,椎間板の厚さの減少や脊柱湾曲の増大により,1cmから数cm減少する。このため,経時的な変化を調べるときは測る時刻を一定にする,平均身長で1~2cmの差を調べるときは,計測の時間帯を考慮する,などの注意が必要である。

 身長は一般型の成長パターンをとり,明瞭なピグミーと呼ぶ。低身長の集団では,栄養不良が低身長の主な原因である場合が多い。アフリカのエフェEfe・ピグミーの低身長は遺伝的なもので,組織に成長ホルモンのレセプタが少ないためにインシュリン様成長因子の濃度が低いか,組織がインシュリン様成長因子に反応しないためだという。成人では男性の方が女性よりも10cm程度平均身長が高い。この差の多くは男性の方が思春期前の成長期間が2年ほど長いことと,スパート期間中の成長量が大きいことによる。性染色体異常の人の身長の研究から,Y染色体に身長を大きくする効果があるが,組織に男性ホルモンの感受性がないと,この効果は十分には現れないことがわかっている。

 ほどんどの国では身長に社会階層による差や,住んでいる都市の大きさ,兄弟の数による差がある。移住により身長が高くなったという報告も多い。いずれも,成長

河内 まき子