平凡社 世界大百科事典

水蒸気蒸留

水への溶解度が小さい物質(たとえば油類)を蒸留精製する際に水を加えたり水蒸気を吹きこんだりして行う蒸留法。互いに不溶解な二つの物質の混合物の蒸気圧は,それぞれの物質の蒸気圧の和に等しいので,水に溶けない物質に水を加えて加熱すると,その物質の蒸気圧と水の蒸気圧との和が大気圧に等しくなると沸騰することになり,その物質の沸点より低い温度で沸騰する。したがって,大気圧下で蒸留すると分解したり重合したりする物質も,水蒸気蒸留によれば低い温度で蒸留できることになる。このように,水に溶けにくい物質では真空蒸留の代りに水蒸気蒸留を用いることができ,場合によっては両者を併用することもできる。水を加えて加熱する代りにフラスコまたは蒸留缶に直接水蒸気を吹きこむのが普通である(図)。

平田 光穂
図-実験室における水蒸気蒸留
図-実験室における水蒸気蒸留