平凡社 世界大百科事典

鋼船

船殻の主要構造の材料に鋼材を用いた船。鉄材を用いる鉄船iron shipとは区別される。1783年H.コートにより新しい製鉄法が発明されて以来,鉄材が船体用材料として部分的に使用されるようになり,1821年には最初の鉄製汽船グレート・イースタン号が建造された。1850年代後半から60年代初頭にかけてH.ベッセマー,W.シーメンズによる新しい製鋼法が発明されてからは,鉄材より優れた性質をもつ鋼材が提供されるようになり,62年ごろには最初の鋼船が建造された。77年には初めてロイド船級協会に鋼船が登録されたが,このころまでが鉄船の全盛時代であり,85年ごろからは鋼船の建造が増え始め,その後の製鋼法,鋼船の設計法・建造法の進歩により現代に続く鋼船の時代となった。日本では1890年鋼材が輸入されるとともに,大阪商船が三菱長崎造船所に発注して建造した,貨客船筑後川丸(総トン数610トン)が国産初の鋼船である。

 鋼材としてもっとも一般的なものは軟鋼である。日本の船級協会である日本海事協会の鋼船規則では,船体用圧延鋼材としての軟鋼について,降伏応力,伸びの最小値および引張強度の範囲を規定するとともに,切欠靱性に関して衝撃吸収エネルギーにより4段階の鋼種に分類している。軟鋼に比べ降伏応力,引張強度が高い鋼材を用いれば,船体重量を減少させ載貨重量を増大させることができる。このような目的で使用される鋼材が高張力鋼であり,前述の鋼船規則では3種類の高張力鋼を規定しており,経済性を考慮して,強力甲板,船底外板,ヘビーデリックなどの応力の高くなる個所に使用される。→

吉田 宏一郎