平凡社 世界大百科事典

竿秤

目盛を付けたさおの一端にある重点に品物を懸垂し,さおの目盛に沿っておもりの作用点を移動させてさおを水平につり合わせ,品物の質量をおもりが置かれたさおの目盛から読み取る手動ばかりの一種。棒ばかりと呼ばれるものは,その代表的なものである。おもりには,特定のてこ比のはかりと組み合わせて用いる定量おもりと任意のてこ比のはかりと組み合わせて用いる不定量おもりとがある。計量法規で,前者の質量は組み合わせるはかりの秤量の10/100,6/100および5/100の3種に定められ,はかりとの間に互換性がある。後者ははかりの一部として扱われ,互換性がない。さおから取り外せないおもりは送りおもりと呼ばれる。1本のさおに2個の支点を設け二つの秤量をもつもの,1個の支点で枝分けした複数の目盛ざおをもつもの,あるいは増おもり付きのものなどがある。精度は,棒ばかりで1/100~1/200,大,中,小の各送りおもりをもつ三かんてんびんと呼ばれるものは1/104程度。なお,英名はロンドンにあったハンザ同盟の商人たちの居留地スティールヤードに由来する。

小林 好夫