平凡社 世界大百科事典

スタインボック

細くスマートな体型をした小型のアンテロープの1種。偶蹄目ウシ科の哺乳類。体色は,白色の腹面と臀部(でんぶ)を除き全身明るい黄褐色。耳は幅広く長く大きい。雄には長さ9~19cmの頭からまっすぐ上にのびるとがった角がある。体長70~95cm,尾は痕跡的で,長さ4~6cm,体重7~16kg。東アフリカと南アフリカの標高4700mくらいまでの乾いた草地のほか,森林が伐採された後の草地に,雌雄のつがいでなわばりをつくってすむ。夜行性で,草木の若葉のほか,ひづめで根や球根を掘り出して食べ,水なしで長期間生きる。人や天敵に追われると,ジャンプしながらジグザグに走り,物陰やツチブタの穴に飛び込んで,伏せ,身を隠す。天敵はチーター,カラカル,ハイエナなど。繁殖期は一定せず,雌は妊娠期間168~177日で,1産1子を生む。

今泉 吉晴