平凡社 世界大百科事典

クキセンチュウ

植物の芽,茎,球茎などに寄生するティレンクス科Ditylenchus属のセンチュウの総称。チューリップ,スイセン,アイリスなどの球根生産地でとくに問題になる。全長0.6mm前後,糸状で雌雄同形,幼虫,成虫ともに感染力をもっている。鱗片組織に侵入し,移動しながら発育する。雌成虫は約200個の卵を組織内に産み,孵化(ふか)幼虫はそのまま寄生生活を繰り返す。被害球茎を輪切りにすると,鱗片に沿ってリング状に褐変している場合が多い。鱗片組織の破壊が進むとセンチュウは隣接する鱗片に移り,褐変は球茎全体に広がる。このようになると地上部の茎葉は生育が不良となり,黄化したりよじれたりする。球茎全体が腐るようになるとセンチュウは土壌中に出て,次の球茎に侵入していく。センチュウの加害,増殖は貯蔵中の球茎でも進行する。このように,クキセンチュウは被害球茎で伝搬していくので,健全な球茎を選ぶことがたいせつである。温湯浸法や薬液処理も有効である。

稲垣 春郎