平凡社 世界大百科事典

ステラジアン

立体角の単位で,記号はsr。空間の中の1点Oからでる半直線が動いて空間のある部分を囲むとき,囲まれた部分をOのまわりの立体角といい,ステラジアンは,球の中心を頂点とし,その球の半径を1辺とする正方形の面積に等しい面積をその球の表面上で切りとる立体角である。すなわち半径1mの球面から立体角が切りとる面積がa(m2)のとき,立体角はa(sr)である。国際単位系では立体角が一つの面積と一つの長さの2乗との比で表現されることを考慮して,これを次元をもたない組立量と考える。球の全表面積に相当する立体角は4π(sr)である。

大井 みさほ
図-ステラジアン
図-ステラジアン