平凡社 世界大百科事典

ステレオ放送

広義には立体感のある音響あるいは映像を放送するいわゆる立体放送をいう。しかし通常は音響についての立体放送,すなわちステレオフォニック放送を指す。電波施行規則では,ステレオ放送を聴取者に音響の立体感を与えるため左側信号および右側信号を一つの放送設備から同時に一つの電波により放送するものと説明している。歴史的には,日本では1950年代に中波放送(AM放送)で二つの電波を使ったステレオ放送が試行されたことがあったが,現在では,多重伝送技術をもちいて,FM放送あるいはテレビ放送で一般的にサービスされている。これは左側信号(L)と右側信号(R)の和信号(L+R)を主チャンネルに,差信号(L-R)をサブチャンネルに周波数分割で多重伝送する方式である。最近では中波放送電波を用いるAMステレオ放送が実施された。四つの音源を伝送する4チャンネルステレオ放送も提案されている。

村崎 圭助