平凡社 世界大百科事典

興奮薬

広義には身体の諸器官の機能および精神,感情の亢進をもたらす薬物の総称。狭義には中枢神経系を興奮させる薬物を指す。器官,神経系の機能亢進を意味する例として,心臓興奮薬,自律神経興奮薬,呼吸興奮薬などがあり,精神面の亢進を示す例として,催淫薬を興奮薬と称する場合などがあげられる。しかし,主体は脳各部位を興奮させる中枢神経興奮薬である。中枢神経興奮薬は薬理学的に次のように分類されている。

(1)カフェイン類 チャの葉,コーヒーなどに含有されるカフェイン,テオフィリン,テオブロミンなどは化学構造も互いに類似し,共通の薬理作用を有する。カフェインは50~100mgの量で大脳皮質を興奮させ,眠気,疲労感を除去する。1g以上の大量では神経過敏,震えなどの症状を経て痙攣(けいれん)を誘発する。

(2)覚醒剤 アンフェタミン,メタンフェタミンなどで,いずれも精神機能の亢進を特徴とする中枢興奮作用を有する。眠気を去り,疲労感を除き,精神的抑うつ状態を回復する効果を示す。しかし,強い精神的・身体的依存性があり,慢性中毒症状は統合失調症に近似し,幻覚や妄想が現れ,狂暴性を帯びる者もある。〈覚せい剤取締法〉によりその使用は厳しく制限されている。→カンフル,ニケタミド,ベメグリドなどは脳幹,ことに延髄に作用して,呼吸,血液循環の中枢を興奮させる。このうちのいくつかの薬物は,催眠薬や麻酔薬の中毒の際に呼吸興奮薬として使われるが,大量を与えたときは痙攣を起こす。痙攣は,はじめ間代性痙攣で,作用が強くなると強直性痙攣に移行する。

(4)脊髄興奮薬 中枢興奮薬は一般に脊髄に対しても興奮作用を有するが,ストリキニーネはとくに脊髄作用の強い中枢興奮薬である。脊髄において知覚神経と運動神経の連絡により構成される反射弓の抵抗を減少させて神経インパルスの伝達を促進させる。この効果は脊髄反射の調節を行っている抑制性の介在ニューロンの抑制によると考えられている。この作用はカエルなどにおいてもよく観察され,特有の強直性痙攣の症状を起こさせる。この興奮作用は中枢性筋弛緩薬によって拮抗される。高等動物では延髄の血管運動中枢を興奮させて血管収縮をきたし,心臓調節中枢を刺激して心拍を緩徐にし,呼吸中枢を刺激して呼吸運動をさかんにする。視覚,嗅覚(きゆうかく),味覚,聴覚などの諸感覚は鋭敏となる。

(5)抗抑うつ薬 精神病,アルコール依存症,向精神薬の副作用などに伴って起こる抑うつ状態には,各種の中枢興奮薬が用いられる。これらのなかには覚醒剤,モノアミン酸化酵素阻害薬,精神賦活薬などが含まれる。既述の痙攣誘発性の中枢興奮薬とは異なる特徴を有する。抗抑うつ薬の概念の確立の初期の薬物として,メチルフェニデート,ピプラドロールがある。これは抗ヒスタミン薬,静穏薬のなかから臨床的に抗抑うつ作用が見いだされたものである。モノアミン酸化酵素阻害薬はアドレナリン,ノルアドレナリン,セロトニンなどの中枢神経化学伝達物質の分解を阻害して,脳内にアミンの蓄積をきたして中枢興奮作用を示す。イプロニアジド,ニアラミドなどがこれに属する。イミプラミンを代表とする一群の抗抑うつ薬は,他の中枢興奮薬と異なり,大量投与により動物は鎮静を起こし,またモノアミン酸化酵素阻害作用もない。脳内の化学伝達物質の再とり込みを阻害することによる興奮作用であると考えられている。ジメチルアミノエタノールは,脳内でアセチルコリンの原料となって中枢興奮に寄与するものと考えられている。

(6)幻覚薬 幻覚,妄想および人格や感情の混乱を生ずる薬物である。メキシコ産のサボテンのアルカロイドである向精神薬

渡辺 和夫