平凡社 世界大百科事典

ストークス

動粘度(動粘性率)の単位で,記号はSt。1St=1cm2/s=10⁻4m2/s。CGS単位であるので,国際単位系(SI)の単位と併用しないほうがよい。動粘度は流体の粘度を密度で除したものであるから,粘度のCGS単位ポアズ(P=g・cm⁻1・s⁻1)と密度のCGS単位であるグラム毎立方センチメートル(g・cm⁻3)とから,1St=1P/(g・cm⁻3)=1cm2/sのように得られる。名はイギリスの物理学者G.G.ストークスの名にちなんでつけられた。1cSt=0.01Stも使われることが多い。

大井 みさほ