平凡社 世界大百科事典

食道と腸の間で消化管が膨大した部分で,食物の一時的貯留の場として形成され,のちに消化・吸収の機能をもつようになった器官。

無脊椎動物の胃

無脊椎動物では消化管の部域分化は一般に著しくないが,外胚葉性の前腸域の膨大部である咽頭と内胚葉性の中腸域の膨大部である胃は多くのもので形成されており,いずれも発達した筋肉で包まれるようになっている。胃の表皮には分泌細胞があり諸種の消化腺も開口し,繊毛やクチクラ質突起を生じていることもある。また,膨出して食物を貯留する盲囊を形成することもあり,頭足類では盲囊のほうが著しく大きくなっている。扁形動物・環形動物・節足動物・棘皮(きよくひ)動物などでは一般に胃と腸の分化は顕著でないので,中腸域は胃腸あるいは単に腸とよばれる。蛛形(ちゆけい)類の吸胃や甲殻類の咀嚼(そしやく)胃は前腸域が分化したもので,内面は薄いクチクラ層で覆われ,歯状の硬い突起を形成することもある。

原田 英司

脊椎動物の胃

魚類の胃は管状で,食道との区別が明りょうではない。一部の魚類ではV字形に屈曲し,あるいは盲端を形成して多量の食物の貯留を可能としている。両生類と爬虫類では食道との境界(噴門)が明確になるが,胃はなお直線的である。カメ類では胃がU字形に屈曲し,大彎,小彎の区別を生ずる。ワニ類と鳥類ではこのU字形胃の前部に腺胃が形成されて消化液を分泌する。後部には筋胃(反芻胃)となる。主要発酵産物である揮発性脂肪酸は前胃粘膜より直接吸収・代謝され,体の主要エネルギー源となっている。胃粘膜は単層円柱上皮に覆われ,胃液を分泌する腺細胞は1種類であるが,哺乳類のみ2種の胃腺細胞が分化して消化に直接関与している。また,草食性の進化に伴い胃粘膜が重層扁平上皮に覆われるようになるが,その意義はなお明らかではない。

玉手 英夫

ヒトの胃

五臓六腑の一つ。消化管の一部で,胃液で消化され,蠕動(ぜんどう)によってかくはんされ,糜汁(びじゆう)という粥状の食塊となって十二指腸に送られる。

 胃では,消化酵素のガストリンも分泌される。このように,主としてガストリンを介して胃と膵臓が相互にコントロールしあっている現象は胃膵相関ともいわれ,上部消化管の機能調整の主要な役割を果たしている。胃ではこのほか,飲食物の温度を速やかに体温のレベルにまでもっていく作用があり,そのため胃粘膜の血液は激しい変化ができるように調節されている。

 このように,複雑な機構をもつ胃は,ストレスや外傷,手術などによって,つよい影響を受けやすく,心身の状況を反映するバロメーターのような存在となることは,だれもが経験することである。

胃の構造

胃の形態と血管,リンパ,神経

胃は食道につづいて横隔膜の下に囊状に広がり,噴門,底部,体部,胃角,幽門前庭部,幽門の各部分からなり,噴門より口側は食道,幽門より肛門側は十二指腸である。そのほかに,臨床診断の面での必要性のため,噴門直下,穹窿(きゆうりゆう)部,体上部・中部・下部,角上部,胃角対側大彎などという部分的な呼称も用いられる。また,胃は湾(彎)曲した袋であり,短いほうの湾曲を小彎といい,長いほうの湾曲を大彎という。

(1)胃の血管系 胃を灌流する血管は腹腔動脈から分岐し,脾動脈,総肝動脈,胃十二指腸動脈などを経て左・右胃大網動脈,左・右胃動脈へと分かれ,胃壁内を循環して,それぞれの動脈に対応する静脈へと返る。とくに左胃静脈は噴門で食道静脈に合流するので,門脈圧が高くなっているときには,この経路を通して食道静脈圧が高くなり,食道静脈瘤形成の原因となる。また,胃の背側にある膵尾部の癌が大きくなって脾静脈の血流を障害すると,短胃静脈や左胃大網静脈圧が高くなって,胃静脈瘤形成の原因となる。

(2)胃のリンパ系 胃のリンパ系は各部位から連絡される所属リンパ節を経て流れる。胃から出たリンパ管は,噴門の左側で横隔膜リンパ管に接続し,縦隔リンパ管を通って左鎖骨上窩(じようか)のリンパ節へ至る。胃癌やその他の悪性腫瘍の進行した例で,しばしば左鎖骨上窩のリンパ節が硬く腫大していることがある。この腫大リンパ節は腫瘍細胞の転移によってできたもので,フィルヒョー結節Virchow's nodeといわれる。胃悪性腫瘍のリンパ系を通って表在リンパ節へ転移したものの代表とされている。

(3)胃の神経系 胃の自律神経支配は,交感神経と副交感神経によっている。前者は大内臓神経が腹腔神経叢を経て胃に分布し,後者は迷走神経である。胃の運動や分泌に対し刺激的に作用するのは主として迷走神経であり,これに制御的に働くのは主として交感神経である。迷走神経のうち,小彎側に分布するラタルジェ神経枝とよばれるものは,十二指腸潰瘍治療における迷走神経切断術の対象として重要である。

 胃壁内には壁在神経叢があって,輪状筋と縦走筋の間に分布するアウエルバッハ神経叢は胃運動に関与しており,粘膜下層に分布するマイスネル神経叢は胃分泌に関与する。いずれも迷走神経刺激により亢進する。

胃壁

胃壁の断面は,最外層は漿膜で,順次内側に,漿膜下層,固有筋層,粘膜下層,粘膜筋板と重なり,最内層は粘膜層で胃の内腔に面する。

(1)漿膜 胃の外壁を覆う漿膜は,小彎で合して小網を形成し,対側の大彎で合して大網を形成する。大・小網とも神経系,血管系,リンパ系を包み腹膜の一部として重要な役割を演じている。これらは,腹腔内でゆったりと余裕をもたせ,胃の可動性を保つのにも役だっている。

(2)漿膜下層 血管系,リンパ系,神経系などが,多くこのスペースを走行して固有筋層や粘膜下層を貫いて胃壁内に分布していく。

(3)固有筋層 胃運動を行う固有筋層には3層があり,外側から縦走筋,輪状筋,斜走筋の順に重なっている。縦走筋は,食道の縦走筋からつづいていて主として大彎と小彎を帯状に走って,十二指腸の縦走筋へと連なっている。輪状筋は,胃の筋層の中では最も主要なもので,胃の全域を輪状にとりまいていて,幽門に近づくにしたがって厚くなり,幽門ではとくに厚く幽門括約筋という収縮の比較的つよい筋肉が境界部を形成している。斜走筋は,食道の輪状筋からつづいて噴門より小彎を中心に扇状を呈して下がっている薄い筋層で,胃体部において輪状筋に合してしまう。

(4)粘膜下層 固有筋層と粘膜筋板の間にある結合組織の層であり,血管やリンパ管がたくさん走っている。この層では小さい血管の間に動脈と静脈との連絡があり,胃の血流の動態に即応できるしくみになっている。また,血管やリンパ管に富んでいるこの層は,胃潰瘍の修復のときの血液循環の増加にも役だつが,反面,癌の広がりや転移のときにはその経路となる。粘膜下層の結合組織は粗な構造であるため,胃内容の動きや蠕動による粘膜層の動きに対して,固有筋層と粘膜層の両層が十分ずれて動くことができるようになっている。この構造は激しい動きをする胃の働きをスムーズに進行させるうえで必要なことである。

(5)粘膜筋板 粘膜層と粘膜下層を境する筋繊維の膜である。粘膜の基底部の支持の役を果たしていると同時に,粘膜の病変がそれより深く進むことに対して防御的効果をもっている。

(6)粘膜層 1層の円柱形の細胞が並んで分泌につごうがよいように腺管を形成している膜である。それぞれの腺の開口部は胃小窩に開いている。粘膜は胃内腔に向かってうねりをつくり粘膜のひだを形成している。粘膜の表面部分と腺窩部分は上皮細胞でできていて,その下の部分は粘膜固有層といわれる種々の働きをもった細胞の層である。粘膜固有層の働きや構造のちがいから,胃粘膜は幽門側から噴門側にかけて,幽門腺領域,中間帯,胃底腺領域(体部腺領域ともいう),噴門腺領域に区分されている。

胃腺

胃液を分泌する胃腺には,胃底腺,幽門腺,噴門腺などがある。

(1)胃底腺 副細胞,壁細胞,主細胞という3種類の細胞で構成されている。副細胞は腺頸部に多く,壁細胞は腺中部に多く,主細胞は腺底部に多く分布している。腺底部にはこのほかに,基底顆粒細胞とよばれる細胞が混在する。壁細胞は塩酸や内因子を分泌し,主細胞はペプシンの前駆物質であるペプシノーゲンを分泌し,基底顆粒細胞はホルモンや活性アミンの分泌をする。

(2)幽門腺 幽門腺は幽門腺細胞からなる腺であるが胃底腺と異なり分岐したり房状になったりしており,基底顆粒細胞が混在している。胃体部に近づくほど壁細胞が混入してくる。

(3)噴門腺 噴門腺は幽門腺と類似の構造をしている。

(4)中間帯 胃底腺と幽門腺の各領域の境界部のことである。両腺が混合している。この領域は個人差が大きく,慢性萎縮性胃炎が進行するにしたがって口側へ上昇し,胃底腺領域はせまくなっていく。

胃の運動機能

飲食されたものの質と量に応じて,胃は相応の緊張を保ち,食物と胃液を混合して消化し,消化された胃内容を十二指腸へ送り出す働きをする。

(1)蠕動 噴門に近い部分は食物が胃に入る直前に弛緩して食塊を受け入れる準備ができる。したがって,食塊が入ってきても急に胃内の圧が高まることはない。この部分はほとんど蠕動がないので食塊の混合はおこらない。蠕動は胃中部から発生し,幽門に向かって2~20秒ぐらいの収縮が最高収縮回数3~5回/分で進む。この収縮は幽門に近い部分ほど活発である。蠕動波の進行は胃内容の進行よりも速いので,蠕動波が胃内容に追いつくと,胃内容の多くの部分は逆推進によって胃体部のほうへ押しもどされる。このようにして胃内容の混合・消化と運搬が行われる。蠕動が数回幽門に達する間に1回幽門は開く。そのときに胃内容の一部が十二指腸へ排出されることになる。これを胃排出という。

(2)胃排出と胃排出の異常 胃の内容が十二指腸へ出ていく速さは,その内容の物理的・化学的性状によって異なる。一般的には,固形物,高い浸透圧,低いpH,多量の脂質含有,高温のものなどは胃排出が遅く,液体,低い浸透圧,高いpH,少ない脂質含有,低温のものでは胃排出は速い。いずれも,人間の体のために合目的的に仕組まれた生理的な適応反応である。たとえば油っこいものを食べると,食物は長時間胃内で混和されてゆっくり十二指腸内へ入って膵液により十分消化されるのが普通であるが,それといっしょに冷たいものを大量に食べると,胃からの排出が不自然に速くなるので消化が不十分となるとともに腸の動きも速くなり,〈おなかをこわす〉ことになる。

 胃排出の調節は自律神経やホルモンによって行われている。一律に一定方向への調節ではなく,胃の状態や摂取物の量や性状,自律神経の刺激の強弱,ホルモン分泌の量やタイミングによって複雑な調節が行われている。これに関与するホルモンは主として消化管ホルモンであり,何種類ものホルモンが相互に影響しあったり,作用する順番が異なっていたりする。

 典型的な胃排出の障害は,胃や十二指腸潰瘍,胃癌などによる幽門狭窄であるが,さほどでなくても胃排出に異常をきたしている病気はたくさんある。ただし,いわゆる胃下垂は一般的には胃排出は遅れない。

胃の分泌機能

(1)水,電解質の分泌 水は血漿や細胞外液から壁細胞の中に入り,壁細胞からは胃内の液体との浸透圧の差によって受動的に胃内腔へ分泌される。ナトリウムイオンやカリウムイオンも分泌されるが,最も特徴的なのは塩酸の分泌である。塩素イオンは能動輸送にあずかるエネルギーポンプの力で能動的に粘膜細胞から分泌される。水素イオンは壁細胞の膜においてATPアーゼという酵素が関与する強力なエネルギーポンプの力により積極的に胃内へ分泌される。炭酸水素塩は主として幽門前庭部粘膜から分泌されて主として防御因子として働く。

(2)ペプシン,粘液,内因子の分泌 ペプシンは主として主細胞からペプシノーゲンという前駆物質として分泌される。少量ではあるが,主細胞以外の胃粘膜細胞や十二指腸粘膜細胞から分泌されるものもあるといわれている。ペプシノーゲンはpH5.5以下の酸性においてペプシンとなり,pH3.5以下になると強力なタンパク質分解酵素となり,胃内での消化作用の主要な役割を演ずる。

 粘液は胃粘膜上皮細胞と粘液細胞から分泌され,おもにタンパク質,糖タンパク質,多糖類からなる粘性の物質である。通常では,胃液による胃粘膜の消化損傷を防ぐ胃粘膜防御因子としての働きをしている。胃粘膜が炎症をおこしたり,胃粘膜上皮細胞が過形成をおこしたり,ある種の癌の場合にこの粘液分泌の過多が生ずる。

 内因子とよばれるムコタンパク質は壁細胞から分泌される。内因子は食物中のビタミンB12と結合して回腸から吸収される。内因子が欠如すると,ビタミンB12の吸収障害が生じ,悪性貧血の原因となる。

(3)胃酸分泌の生理 胃酸分泌の機序には,脳相,胃相,腸相がある。

 脳相(頭相ともいう)とは,舌,口腔,鼻腔の受容体から,味やにおいや咀嚼,嚥下(えんげ)などの刺激によって,迷走神経を通して胃酸分泌が刺激される段階のことである。この場合,アセチルコリンという刺激伝達物質が壁細胞を刺激する。

 胃相とは,胃内に入った食物が胃壁を刺激することによって迷走神経経由,またはガストリン細胞刺激を通して胃酸分泌が行われる段階のことである。この際,食物の質と量によって胃酸分泌の量が異なってくる。タンパク質成分の多い食物は胃酸分泌刺激がつよい。

 腸相とは,幽門に近い部分の十二指腸粘膜から食餌刺激によってガストリンが分泌され,胃酸分泌が刺激される段階のことである。微量のガストリン分泌による刺激なので胃酸分泌に及ぼす影響も乏しい。

 普通では脳相,胃相,腸相の順に機序が進むと考えてよい。

 胃酸分泌の抑制機序は,食物が胃から排出されたのち,食物による中和能がなくなり胃液のみになると,胃内のpHは下がって酸性がつよくなるのでガストリン分泌は抑制され,胃相の終りとなるのが自然の経過である。また,相のいずれを問わず,十二指腸内に酸性のものが入ってくると十二指腸粘膜からセクレチンというホルモンが分泌され,このホルモンによってガストリンの分泌が抑制され,胃酸分泌も抑制されるので,この機序も胃酸分泌抑制において重要なものである。

胃の病気

胃は心身のもろもろの状態を反映する臓器で,きわめて敏感にその反応を示す。したがって,軽い症状から重篤な病気まで実にいろいろな病的状態を呈する。

 胃には急性・慢性胃癌,胃肉腫などの悪性疾患がかなりの高頻度でみられ,一般によく見聞することが多いといえる。

 これらの疾患に対する診断法や治療法の進歩によって,しかるべき検診を適度の間隔で受けていれば重篤な結末にならなくてすむ率がひじょうに高くなった。たとえば胃癌でも,早期発見により90%は助かる時代であり,なかには開腹手術をせずに内視鏡を用いた手術で全治するものもある。→幽門狭窄

三輪 剛
図1~図2
図1~図2