平凡社 世界大百科事典

石細胞

厚い細胞壁(二次壁)をもち,全体としてはおよそ球形に近い形をした硬い植物細胞で,厚壁異形細胞の一つ。一般に二次壁が厚く機械的に植物体を強固にする働きをもつ細胞は厚壁細胞とよばれ厚壁組織を構成する。このうち,縦に長い形をもつものは繊維細胞とよばれるが,比較的短い細胞が厚壁異形細胞とよばれる。したがって厚壁異形細胞は石細胞のほか,さまざまなものがある。石細胞は皮層,師部,茎の髄や果実などさまざまなところにあるが,ナシの果実の中にある石細胞は有名である。繊維細胞は多数が集まり,束となって繊維の組織をつくるが,石細胞など厚壁異形細胞は多数が集合しないまま柔組織などの中に分散していることが多い。しかしこの場合も,分散していることによってその細胞が分布して植物体の部分全体に強固さを与えているものであり,このような場合にも,石細胞は一つの組織を構成しているとみることができる。

原 襄