平凡社 世界大百科事典

石皿

調整や使用によって平滑になった面をもつ扁平な磨製石器。石臼との区別はあいまいである。磨石(すりいし)や石杵などを用い,粒状もしくは塊状の物質をたたいたり,押しつぶしたり,磨ったりして粉状にする道具。使用の対象になった物質は,穀物や木の実などの植物質食料のほか,動物の肉や脂肪,酸化鉄や辰砂などの鉱物質顔料と多様である。形態では,縁がなく扁平で前後の高い鞍形石皿(サドル・カーンsaddle quern),中央が浅くくぼんだり縁のある石皿,中央のくぼみが深い乳鉢形石皿(ストーン・モルタルstone mortar)との3種類に大別できる。ただし,モルタルは石臼と訳すことが多い。中近東では,旧石器時代にさかのぼるとする報告もあるが,中石器時代仰韶文化期になると脚の付かない鞍形石皿が一般的になり,仰韶文化期後期ごろ乳鉢形石皿が出現する。日本では石皿は縄文時代に普遍的な石器であり,早・前期は中央をくぼめただけの石皿が多く,中期になると楕円形で注口のつくもの,後期には四角形で回りに縁をとる石皿や有脚の石皿が出現する。しかし,弥生時代になると,粒食である米の伝播と,脱穀用の木製臼・杵の普及によって石皿は激減する。

泉 拓良