平凡社 世界大百科事典

マンネングサ

ベンケイソウ科マンネングサ(キリンソウ)属Sedumセダム)のうち,マンネングサ亜属の総称。マンネングサ亜属は北半球や東アフリカの高山に約200種あり,日本には北海道を除き21種が見られる。多年生多肉植物で,普通は根茎がなく,葉に鋸歯を欠き,多数分枝し,地面をはう。日本産の種類は葉序で大別できる。葉が3輪生するものには,葉が線形のオノマンネングサS.lineare Thunb.,葉が菱形で地面を50cmもはうツルマンネングサS.sarmentosum Bungeがある。なお近年,都市などに帰化したメキシコマンネングサS.mexicanum Britt.は4輪生である。葉が対生する種にはマルバマンネングサS.makinoi Maxim.がある。葉が互生の種群には,高山や亜高山に生え,小型で,茎葉が赤紫色に染まり,葉は線状円柱形で,葉幅2mm以下のミヤママンネングサS.senanense Makino(染色体数2n=18),海岸岩上に生え,葉は卵形で長さ7mm以下,葉幅2~3.5mmのタイトゴメS.oryzifolium Makino(染色体数2n=20),平地の人家近くの岩場や石垣に生え,冬季には茎葉が赤くなり,葉が線状円柱形で長さ6~18mm,幅2~3.3mmのメノマンネングサS.japonicum Sieb.(染色体数2n=29,38,48),渓流の岩上に生え,葉がさじ形のヒメレンゲS.subtile Miq.,越冬一年草で,道路やあぜ道などに見られ,葉腋(ようえき)に不定芽をつくり繁殖するコモチマンネングサS.bulbiferum Makinoなどがある。これらは日本産の代表種である。日本の種はいずれも黄花だが,ヨーロッパのシロバナマンネングサS.album L.は白花で,ヨーロッパと北アフリカに分布するヒメホシビジンS.dasy phyllum L.は葉が対生し,青白色で短毛があり,花は白い。

 マンネングサの類はカーペット状に育つので,地被植物(カバープラント)に使えるが,踏みつけるとつぶれるため,通路には敷石を配置する。乾燥に強く,ロックガーデンに向く。鉢植えの場合は底の浅い鉢を使う。植えっ放しでは鉢からはみ出し,中心部が枯れてくるので,毎春植えかえるか,挿木で更新する。高温多湿には弱い。ツルマンネングサは韓国では野菜として食用にされる。

湯浅 浩史
図-マンネングサ
図-マンネングサ