平凡社 世界大百科事典

炻器

陶磁器の一種。絵付をする目的でのうわぐすりを使用しない(一部食塩を釉薬(ゆうやく)として用いることもあるが絵付の目的ではない)で高温焼成して得られる。一般に吸水性がなく,焼締りが良いので機械的強度が大きい。絵は描かないが,火の回りぐあい,灰の掛りぐあいで自然に模様が生ずることがあり,風合(ふうあい)ができる。信楽(しがらき)焼などがこれに属する。

柳田 博明 〈石のように硬く焼きしめた器〉の意で,日本の陶芸用語としては,1907年ころから使われるようになった。素地が気孔質でないという点で陶器と異なり,透明度がないことで磁器とも区別される。ヨーロッパで最初に炻器を焼いたライン地方では,ケイ酸を豊富に含んだ陶土を用い,窯が1200℃くらいに達したときに食塩を投げ込んで釉薬とした。こうして焼成された炻器は,鉄分の含有量によって茶褐色,黒褐色あるいはまだらな鮫肌(さめはだ)の色調を呈する。その初期の作例として14世紀のものが残されているが,現存する大多数は15世紀末から16世紀のもので,主要生産地はケルンおよびその近郊のフレッヘン,レーレン,ボンに近いジークブルクなどである。またイギリスでは17世紀にこれらを模したフルハム窯(ロンドン郊外)の炻器,スタッフォードシャーのエラーズ兄弟の赤色炻器,アストバリーの白色炻器がある。
前田 正明