平凡社 世界大百科事典

ツヅリガ

鱗翅目メイガ科の昆虫。翅の開張1~2cm。雄は小型で,前翅の基部から中央部を,中室に沿って黄赤色帯が走り,中室の端に微小な黒点があるが,雌は黄赤色部を欠き,大きな黒紋がある。日本全国のほか,アジアからヨーロッパまで分布するが,温暖地に多い。幼虫は米その他の貯蔵穀物の害虫として有名である。一般家庭の台所にも発生するが,生産農家の貯蔵庫に多発する。1雌の産卵数は150粒くらい。幼虫は糸を吐き,初めは集まって母体の死骸,あるいは米粒の胚芽などを食べ,成長するにつれ,多数の粒をつづって巣をつくり,胚部から外層を食べ,やがて全体を食べつくす。老熟すると,俵米などを離れ,天井あるいは柱の裂け目などに群がって繭をつくり蛹化(ようか)する。年1~2回の発生で,老熟幼虫で越冬する。成虫は家屋や倉庫内を飛ぶが,灯火に誘引されることはない。分布が広いのは食料とともに各地へ運ばれるためである。イッテンコクガ(一点穀蛾)という和名もある。

井上 寛