平凡社 世界大百科事典

ストラテゴス

古代ギリシアの陸軍・海軍の指揮官。後に広範な行政権を賦与された高位の役職名となる。〈将軍〉と訳されることが多い。クレイステネスの改革後のアテナイでは,10人が部族ごとに(後には全市民の間から)選ばれて,アルコン・ポレマルコスの司令のもとに部族成員の指揮にあたった。前487年の抽選制導入によりアルコン職の地位が低下すると,挙手による選出のうえに重任が許されていたため,この職の比重は増大した。ペリクレスがアテナイの政界で長年指導的位置を占めたのも,彼が連年15回もこの職を務めたことが大きい。ストラテゴスは軍事に関連する広範な権能を有していたが,年に10回の職務審査が義務づけられていた。

 同様の職務は,コリントス,アルゴス,シラクサ,エレトリアにも見いだされる。ヘレニズム期には,セレウコス朝シリアやプトレマイオス朝エジプトにも同名の役職が設けられたが,これらは主として王国の行政を担当した。

前沢 伸行