平凡社 世界大百科事典

成層圏

対流圏より上,中間圏より下にある大気層のこと。成層圏の高度は緯度と季節によって変わる。平均すると高度約8~18kmの対流圏界面と高度約50~55kmの成層圏界面の間にある。成層圏内は水蒸気量が少ない反面,オゾン量が多い。オゾンは太陽からの紫外線を吸収して昇温するので成層圏の気温は上空ほど高い。成層圏下部の気温は,中・高緯度地方で約-40~-60℃,低緯度地方では約-80℃と最も低いが,上層にいくにつれて昇温し,成層圏上部では0℃前後になる。中・高緯度地方の成層圏は,等温かゆるやかに気温が下がる高度約25~30kmまでの下部成層圏と,上層ほど気温の上がる高度30km以上の上部成層圏とがある。下部成層圏は対流圏と関連があり,冬季に極夜低気圧のまわりを吹く極夜ジェット気流や気温が数日間のうちに数十℃も上昇する突然昇温現象がある。上部成層圏では,オゾンが太陽紫外線を吸収する効果が大きく,南北両半球にまたがる独自の循環を形成する。

朝倉 正