平凡社 世界大百科事典

オオミズナギドリ

ミズナギドリ目ミズナギドリ科の鳥。中型の外洋性海鳥で,日本列島周辺や朝鮮半島,台湾周辺の島で繁殖する。全長約50cm,翼を広げると110cm,体の上面は黒褐色,下面は白色,頭部は白地に黒褐色の小斑がある。翼は細長く,滑翔(かつしよう)に適応している。繁殖期には陸地が見える範囲にいることが多い。海に深く潜ることはなく,表層の魚類,イカ類,大型動物プランクトンをくちばしでとらえて食べる。島の地面に長い横穴を掘り,中に枯葉などを引き込んで巣をつくり,6月半ばすぎに白色の卵を一つ産む。54日間雌雄交代で抱卵する。雛は8月半ばに孵化(ふか)し,2ヵ月半養育され,10月末から11月初めに巣立つ。親鳥は抱卵中以外は昼間は海上で過ごし,日没後営巣地の島に帰ってくる。このときは上空を乱れ飛び,しだいに低く飛ぶようになり,最後には林につっこんで着地する。朝,日の出の前,樹や岩など高いところに登ってから飛び立つ。夜中ずっと鳴声が続く。伊豆諸島の御蔵島では巣立ち近い雛をとらえ保存食にする習慣があったが,今は行われていない。→ミズナギドリ

長谷川 博