平凡社 世界大百科事典

コウヨウジャク

スズメ目ハタオリドリ科の鳥。スズメと同大で,全長約15cm。雄の生殖羽は頭頂黄色,顔,後頭,のどは黒く,背面は暗褐色で黒色の縦斑がある。下面は淡い。雄の非生殖羽と雌はじみで,黒い縞のある淡褐色をしている。インドから中国南西部およびインドシナ半島までとジャワ,バリ両島に分布する。低地の湿地や川べりのヨシ原,草原,畑地にふつうに見られる。主として種子食で,イネに害を及ぼす。集団で繁殖し,1夫1妻,1夫多妻,乱婚などのいろいろの繁殖生態が知られている。水ぎわや水上の草の中に,雄は袋状で入口のトンネルが下向きに垂れた巣をつくり,雌を呼び寄せる。ヨシからヨシへ飛び移り,羽をぱたぱたさせ,さえずる。雌は内装をととのえ1腹2~4個の卵を産む。日本にもときどき飼鳥として輸入される。

中村 登流