平凡社 世界大百科事典

ストリーマー

細長い導電性の放電路。気体,液体などの絶縁物中で放電が発生する場合,まず電子が電界で加速され,分子に衝突して電離させ次々に電子を増倍していく過程を電子なだれという。電子なだれが発展すると,電子なだれから発する光などの作用で近くに新たな電子なだれを誘発し,これらが合流して導電性の大きい放電路を形成する。この放電路形成の第2段階をストリーマーと呼ぶ。

 イギリスのミークJ.M.Meekは,1938年から40年までアメリカのレープL.B.Loebのもとで気体放電を研究している間に,電子なだれがストリーマーに転換すると火花放電が発生するというストリーマー理論を発表した。今日でもタウンゼントの理論と並んで気体中の火花放電開始理論の主流になっている。

 なお,電極間の距離が数十cm以上の長ギャップでは,ストリーマーの幹をなすリーダーと呼ばれる放電路が第3段階として生ずる。

河野 照哉