平凡社 世界大百科事典

ストレプトカーパス

イワタバコ科の多年草で,らっぱ状の美花をつける温室植物である。南アフリカの喜望峰近くに自生するヒメギリソウS.rexii Lindl.にいくつかの種類が交雑されて作出された園芸品種の一群である。ストレプトカーパス属は主にアフリカに分布し,約130種を含むが,園芸で単にストレプトカーパスといえば,交雑育成されたこれらの品種群を指すことが多い。地際から数枚ないし十数枚の細長い葉を生じる。葉には1本の主脈と多数の平行する側脈がある。主に春から初夏にかけて葉の基部から長い花梗が伸び,その頂部に1ないし数花をつける。花は青,紫,赤,白色など。果実は細長く,熟すとらせん状に裂ける。繁殖は微細な種子をまくか,葉挿しするか,株分けによる。冬は最低10℃程度の温室で育てる。暑さに少し弱い。

 ストレプトカーパス属にはこのほか,子葉の1枚のみが生長を続け,長さ数十cmとなり,本葉を生じないウシノシタS.wendlandii Sprengerが,その特異な葉の形から有名である。繁殖は微細な種子をまくか,葉挿しするか,株分けによる。冬は最低10℃程度の温室で育てる。暑さに少し弱い。

冨士原 健三