平凡社 世界大百科事典

弦楽四重奏

4個の弦楽器で合奏する演奏形態。18世紀後半以後見られる室内楽の一形態で,ふつうバイオリン2,ビオラとチェロ各1を用い,その楽曲を弦楽四重奏曲という。一般にテンポの速めのソナタ形式による第1楽章,テンポの緩徐な第2楽章,メヌエットあるいはスケルツォの第3楽章,再びテンポの速い第4楽章からなるが,中間2楽章が入れ替わることもしばしばあり,この4楽章構成も絶対的なものではない。弦楽四重奏の起源は,18世紀の音楽様式の大きな変化全体と関係しており,一概に特定できない。しかし1750年代末のハイドンの作品はこのジャンルの先駆となった。そして70年代前後から,ハイドン,ボッケリーニ,モーツァルトらの作品によって,古典派様式の生成とともに,この演奏形態,曲種,様式は本格化する。ハイドンが残した68曲の作品は,このジャンルの最初の金字塔であった。ほぼ同じ時期に,主としてスペインでボッケリーニは91曲の作品を書いている。彼は3楽章あるいは2楽章構成を好んで用いたが,このタイプは一般化しなかった。それに対して70-90年に26曲を書いているモーツァルトは,73年後半以後はハイドンと同様の楽章配列をとるようになり,また多くの作曲家も類似の形式を用いた。この過程で弦楽四重奏は,バロック時代の合奏音楽の諸形態に代わるものとして新しく登場したさまざまな古典派の室内楽の諸形態のなかでも,とりわけ作曲される機会の多い曲種となり,ベートーベンをはじめ,20世紀前半までの作曲家において,室内楽の王者としての地位を占めた。音域が異なる四つの同系統の楽器によって得られる調和のとれた響き,それによって可能となる抽象的で内省的な表現,などといったことが,その時代に弦楽四重奏が好まれた理由としてあげられよう。

大崎 滋生