平凡社 世界大百科事典

構造効率

ロケットの性能を表す指標の一種。1段式ロケットにおいてその全質量mOが搭載物質量mL,推進剤質量mP,構造質量(ロケットエンジン,タンク,頭部や胴部構造,尾翼などいわゆるロケットの基本的な構造の質量)mSの和で表されるとしたとき,一般にβ=mS/(mSmP)で定義されるβを構造効率という。一般にこの値が小さいほどロケットの性能はよいといえる。多段式ロケットでは各段ごとに定義されるが,この場合上段は搭載物とみなされる。また,ε=mS/mOで表される構造質量比structure ratioもロケットの性能の指標としてよく用いられる。ただし,これらの用語の定義は普遍的なものではなく,(1-β)を構造効率と称したり,βを構造質量比,あるいは構造係数などと呼ぶこともあるので注意を要する。

秋葉 鐐二郎