平凡社 世界大百科事典

間柱

建築の軸組で柱と柱との間が大きく,壁の仕上材または下地の構造材が渡せないとき,柱の中間に補足して立てる垂直の構造部材。柱の二つ割または三つ割に相当する長方形断面が多い。引張りに抵抗する細筋かいはこの間柱を欠き込んで釘打ちされたり,溶接されることでその耐力壁としての強さが倍加するが,太筋かいの場合は間柱は寸断されることになる。断面が大きい柱と梁や桁で軸組の主要部をつくり,間柱で間を埋めるのでなく,土台をのぞく骨組みをすべて長方形断面の板間柱だけで組んで,板繫ぎや板方杖の釘打ちで補強する建て方がある。この方法で土台も板間柱と同寸を用い,間柱の周囲を枠で囲ってパネル状の壁にしたのが枠組壁工法で,2インチ×4インチの部材を使うツーバイフォー工法はその代表である。

太田 邦夫