平凡社 世界大百科事典

練習曲

演奏技術の向上を目的とした楽曲,あるいは特殊な高度の技術を表現手法とした作品。エチュードétudeともいう。とくに16,17世紀に器楽曲が隆盛になるにつれて,作曲されるようになり,J.ダウランドの息子ロバートRobert Dowland(1591ころ-1641)のリュート教則本《リュート・レッスンのさまざま》(1610)や,J.プレーフォードの出版したビオル教則本は初期の最も重要な練習曲に数えられる。18世紀に入るととくに鍵盤楽器を中心に多くの練習曲および教則本がつくられるが,なかでもF.クープランの《クラブサン奏法》(1716),エマヌエル・バッハの《正しいクラビーア奏法の試論》2部(1753,62)は,運指法や装飾法の手引きとしてだけではなく,作曲家の個人様式や特定の時代様式に即した練習の手引きとしても意味をもつ。また,J.S.バッハの《インベンション》は息子や弟子の教育目的に作曲された練習曲であり,彼の《イタリア協奏曲》や《ゴルトベルク変奏曲》などは《クラビーア練習曲集》として出版された。

 18世紀の末になり,音楽愛好家が増大し,ピアノなどの楽器が量産され,音楽出版活動が盛んになると,練習曲のもつ意味も変化してくる。M.クレメンティは《グラドゥス・アド・パルナッスム》を作曲したが,これらは今日でも重要な練習曲の一つである。自ら演奏する音楽愛好家の増大に伴い,より高度の演奏技巧の表現が求められるようになり,演奏会目的の練習曲が作曲されるようになる。とくに,ショパンの作品10,作品25の《12の練習曲》(1832,36),リストの《超絶技巧練習曲》(1841)はその代表的なものであり,ドビュッシーも手がけている。これらは特定の技巧による表現を究極まで推し進めたもので,芸術性の高い一種のキャラクター・ピースである。また,シューマンは《交響的練習曲》(1837)を作曲しているが,これは高度な技術を駆使した変奏曲であり,いわゆる教則本ではない。

 20世紀に入ると,一方では音楽の初等教育を重視する立場から,各楽器の特性に即したさまざまな練習曲が作られたが,そのなかでも特筆に値するのが,バルトークの作曲したピアノのための6集の《ミクロコスモス》である。ここにおいては単に指の練習のみならず,民族的な語法を駆使した新しい表現が求められている。練習曲の表題をもつ作品としてはほかに,ストラビンスキーのオーケストラのための《四つの練習曲》(1928)などの作品もある。

西原 稔