平凡社 世界大百科事典

様式

広くは,〈生活様式〉〈行動様式〉などという場合のように,人間の行為のあり方,ないしは,さまざまの行為,表現を特徴づける諸性格の総体を指して〈様式〉と呼ぶが,とくに芸術において,作品をある時代,地域,民族,あるいはその他の特定のグループに分類することを可能ならしめる表現上の特色の総体を〈様式〉という。たとえば,〈ゴシック様式〉は,ゴシック時代の建築,彫刻,絵画,工芸等の形式的統一を特徴づけるある共通した性格の総体を指して用いられるし,〈ナビ派の様式〉は,このグループに属する芸術家の作品に共通して見られる表現上の特性全体を意味する。したがって様式には,その分類の仕方によって,時代様式,地域様式,民族様式などがあり,またある特定の芸術家の作品全体を特徴づける個人様式や,さらには〈セザンヌの晩年の様式〉のように,ある個人のある時期の作品群に対しても適用される。それと同時に,もしセザンヌの晩年の作品とティツィアーノの晩年の作品との間にある共通する表現上の特色が認められるとすれば,時代,地域,個人を超えて,芸術家の〈晩年の様式〉について語ることも可能である。ギリシア美術についても,ルネサンス美術についても,あるいはセザンヌの作品についても〈古典主義的様式〉が問題となるのはそのためである。

 もともと西欧語において,スタイルstyle(英語),シュティールStil(ドイツ語),スティールstyle(フランス語)は,〈鉄筆〉を意味するラテン語stilusに由来し,それゆえに,鉄筆で書かれた文章の表現上の特色,すなわち〈文体〉を意味するようになった。この意味は今日でもまだ生きているが,別の言い方をすれば,〈文体〉とは〈文章の様式〉であるといってもよい。

 この〈様式〉の概念を美術作品の表現形式に適用して,体系的なJ.J.ウィンケルマンである。ウィンケルマンは,その著書《古代美術史》(1764)において,様式の発展を歴史の流れの説明原理として,たとえばギリシアの美術史を,〈古い様式〉〈高貴な様式〉〈美しい様式〉〈模倣者の様式〉,の四つの時代に分けた。このウィンケルマンの試みによって,美術史ははじめて独立した学問として成立し,その後の発展の基礎が築かれた。

 美術における〈様式〉の概念は,19世紀末から20世紀にかけて,H.ウェルフリン等によって,いっそう厳密な,精緻なものとなった。ウェルフリンは,《美術史の基礎概念》(1915)において,建築,彫刻,絵画の各分野にわたって,16世紀と17世紀の芸術作品を分析して,〈線的と絵画的〉〈平面性と深奥性〉〈閉ざされた形式と開かれた形式〉〈多様性と統一性〉〈絶対的明瞭性と相対的明瞭性〉という5項の対概念を抽出し,16世紀芸術はそれぞれの対概念の最初のものによって特徴づけられ,17世紀芸術は2番目のものによって特徴づけられるとして,前者を古典主義芸術,後者をバロック芸術であるとした。すなわち,〈線的性格〉〈平面性〉〈閉ざされた形式〉等々が古典主義芸術の様式的特色であり,逆に,〈絵画的性格〉〈深奥性〉〈開かれた形式〉等々がバロック芸術の様式的特色であると規定したのである。ウェルフリンのこの試みは,古典主義とバロックとの様式上の特色を明確ならしめるとともに,様式分析の基本的な方法論を確立したものとして,重要な意味をもっている。

 その後,文体

高階 秀爾