平凡社 世界大百科事典

算木

(1)易占(えきせん)に使う道具。長さ約10cm,幅約2cmくらいの正方柱体。全面黒色の2面は易の陽爻(ようこう)をあらわしている。6本でひと組。材質はふつうの木だが,黒檀製の上等のものもある。筮竹(ぜいちく)の操作によって出た爻を,下から上へ順次置いてゆくためのもの。古代には1爻を得るごとに地面に爻を描き,6爻(ひとつの卦(か)を成す)が備わると方版に描いて依頼者に示したといい(《儀礼(ぎらい)》士冠礼の疏),朱熹の《筮儀》にも,爻を描くために筆と墨と黄色い漆の板を用意せよとあって算木(中国語の卦子)への言及がないから,算木を使うのは古礼ではなく近世にはじまったことがらであろう。

(2)中国の計算器。算木は日本に伝わってからの呼称で,中国では算,籌(ちゆう),策などと呼ぶ。10cm前後の細い角棒で,これを図のように組み合わせて任意の数字をあらわした。縦式によって一,百,万の位の数を,横式によって十,千の位の数を表示する。たとえば,3167ならと置き,ゼロは13世紀ころまで符号がなかったのでその部分は空けておいた。これを碁盤目に区切られた布地(後世は紙)の計算盤(算盤)の上にならべ,加減乗除の四則計算や開平(平方根)・開立(立方根)の計算を行った。算木はすでに春秋戦国時代から使われ,そろばんがあらわれる13世紀ころまでこの算木によって計算が行われた。

三浦 国雄
図-算木による数の表示法
図-算木による数の表示法