平凡社 世界大百科事典

臣民

一般的には,君主主権のもとで,君主に支配されている国民を指す。たとえば日本の明治憲法には,〈日本臣民タルノ要件ハ法律ノ定ムル所ニ依ル〉(18条)とあって,天皇と皇族以外の日本人はすべて臣民と呼ばれた。国民主権が成立し,民主主義が普遍化するとともに,臣民は国民にとって代わられ,一般的な用語としてはほとんど用いられなくなる。しかし,西欧の歴史においては,近代的な国民形成の出発点として重要な意味をもっていた。封建社会では,人々は身分的階層制のもとで,法制的にも社会経済的にもきわめて不平等な状態におかれていた。司祭,職人,商人,農民など,それぞれの地位に応じて,人々はさまざまな特権を認められた。領主は最も多くの特権を認められていたが,しかし領主権もけっして万能ではなく,伝統や慣習によって制約されていたし,地域的にも狭い範囲にしか及ばなかった。こうした地域的・階層的分権制を打破して,今日の国民国家への道を開いたのは絶対王政である。絶対君主は,カトリック教会と地域的領主制の双方に対抗して,国家の存在理由を確保するために,君主権力の絶対性あるいは無制約性を主張した。その理論的定式が国家主権にほかならない。国家主権,具体的には君主主権の無制約性の要求は,かつて封建制のもとで多様な形で認められていた身分的諸特権を基本的に剝奪し,君主以外のすべての人間を臣民として平等化することになった。すなわち,臣民は絶対王政における平準化の所産であり,平等化の点で国民形成の第一段階をなすものといえる。臣民は,国民が主体的・能動的であるのに対し,客体的・受動的であるが,それだけに臣民的要素が強ければ,政治は安定しやすい。こうした点に着目して,参加型の政治文化と臣民型の政治文化とが混合した文化をもつ社会において最も安定した政治が実現されると説いたのがアーモンドG.A.AlmondとバーバS.Verbaの《市民社会の政治文化The Civic Culture》(1963)である。

阿部 斉