平凡社 世界大百科事典

主体性

主体性ということばは,通常,自主性,個性,アイデンティティ,自己実現,自己決定,本来性authenticityなどとほぼ同義に用いられている。これらのことばに共通する含意は,個人あるいは集団が,外的・内的諸条件によって,当然〈あるべき自己〉であることを妨げられている状態を克服して,認識のレベルでも行動のレベルでも,本来的な〈自己になる〉ということである。したがって,このような解放的認識関心に根ざすこのことばが,人間解放運動とのかかわりのなかで用いられてきているのも不思議ではない。ところで,これまでの主体性論議において大きな争点の一つになっているのは,人間解放を進めるに当たって,個人的主体性を確立するのが先か,それとも集団的主体性を確立するのが先か,という問題である。通常,〈人間革命〉か,〈社会革命〉かということばで語られている問題は,この争点の一つの変種とみなしてよい。〈文化革命〉か〈政治革命〉かも同様である。

 こういう意味での主体性問題に最初に脚光を浴びせたのは,1920年代のいわゆる西欧マルクス主義者,とりわけ,ルカーチ,コルシュ,グラムシらのヘーゲル派マルクス主義者であった。彼らの意図は,資本主義と民主主義の未発達によって農民を主力とせざるをえなかったロシア革命の経験を結晶化させたレーニン・モデルを退けて,高度資本主義と代議制民主主義の発達のもとに比較的成熟した意識をもつ西欧のプロレタリアートを主軸にした独自の革命モデルを構想することであった。そのために,彼らはレーニン・モデルに内在する経済的決定論と政治的主意主義,つまり“ゴリゴリの客観主義”と“ズブズブの主観主義”に陥る両要素を退けて,変革主体たる西欧プロレタリアートを〈自覚的主体〉に鍛えあげるための文化や意識の次元における闘いの重要性を強調した。そして,その組織の中心として選んだのが労働者評議会であるが,それは中央集権化され,官僚制化された前衛党とは違い,地方分権や自主管理(レーテ運動)敗北後の歴史は,彼らの主張の正しさを示してきている。

 同様の論理の道筋を解放運動のなかで提示したのが,1960年代アメリカにおける黒人解放運動である。当時,黒人は伝統的な民族文化ethnicityを放棄して支配的な白人文化への同化が強いられる差別状況のもとで,ひどい無力感と受動性のとりこになり,ひとしく自己アイデンティティを喪失した状態にあった。そこに出現したのが,M.L.キング師の唱える〈敵に対して抗議し,味方と連帯する〉(against and with)という運動方針であった。この呼びかけに呼応する形で現れたのが,〈自己の運命と状況について定義する権利は私にある〉ということを主張する〈ブラック・パワー〉運動であった。その結果,これまで消去の対象でしかなかった民族文化がふたたび一体化の対象として復権され,そのなかで個々の黒人が誇りをもってその身元を明かし,存在証明を実感することが可能になった。この〈ブラック・パワー〉運動が教えてくれたことは二つある。一つは人間の無制限な順応性や可塑性を前提にした従来の人間発展モデルは不適切であり,人間とは〈自立と統合に向かっての内的潜勢力〉を備えた存在としてとらえられねばならぬということである。もう一つは,葛藤や紛争をもって病理現象ときめつける秩序モデルは偏向しており,危機や矛盾をはらむ状況においては,それらが成長や発展の契機として機能することを理解せねばならぬということである。

 黒人解放運動の強い影響を受けたアメリカの西洋哲学

高橋 徹