平凡社 世界大百科事典

昇華核

大気中の水蒸気が0℃以下の条件で直接氷晶をつくる場合に必要な核のこと。しかし,最近では,大気中で氷晶が発生するためには,水蒸気が凝結核にいったん凝結したのち凍って氷晶になると考えられている。この場合,凝結核は凍結核としても働いたことになる。雪の結晶の中心付近にある核を電子顕微鏡やX線分析装置を使って調べてみると,土壌物質や燃焼生成物である場合が多く,海塩粒子も見いだされることは凝結核→凍結核の過程が多いことを物語っている。

菊地 勝弘