平凡社 世界大百科事典

海底通信

海を隔てた2地点または複数地点を海底ケーブルで結び,電信,電話,データなどの通信を行うことをいう。1850年に電信用の海底ケーブルがドーバー海峡に敷設されたのが海底通信の始まりである。その後,66年には大西洋横断ケーブルが敷設された。20世紀初頭には,海底電信ケーブルは世界各国に張り巡らされた。日本近海に海底ケーブルが敷設されたのは,1871年デンマークの大北電信会社により上海~長崎~ウラジオストク間に敷設されたものが最初である。当時の海底電信ケーブルは,単心ケーブルで低速度の電信を伝送するものであった。その後1932年には電話数回線を伝送可能な無装荷搬送方式(信号の減衰を防ぐためのコイルを入れない方式)が提唱され,37年に日本と中国東北部の間に14対無装荷海底ケーブルが敷設され,これはその後津軽海峡,紀淡海峡,鳴門海峡に次々と敷設された。大洋横断のような長距離通信は主として海底電信ケーブルが用いられていたが,短波無線通信の大西洋横断の成功により,海底通信に比べて設備が小規模で経済的なため広く使用されるようになった。このため,海底通信は一時ほど注目されなくなったが,1927年の負帰還増幅器の発明や海底ケーブル敷設船

新納 康彦