平凡社 世界大百科事典

亜寒帯

温帯と寒帯の中間域を指し,北半球高緯度地方の針葉樹林(タイガ)帯とほぼ同義でもある。南半球では対応する場所に陸地がない。ケッペンの気候分類では最寒月の平均気温が-3℃以下で,最暖月平均気温が10℃以上と定義されている。冬は長く,夏は短いが,気温が相当上がり,降水量は少ないが,蒸発量も少ないので植物は生育できる。気温の年較差が大きいのが特徴。なお,亜寒帯と冷帯,冷温帯を同義語として扱う人もいるが,温帯(広義)の高緯度地方を冷帯,冷温帯ということが多い。

山下 脩二