平凡社 世界大百科事典

物上代位

一般に留置権を除く担保物権に共通な特性。質権,抵当権および先取(さきどり)特権はいずれも目的物の交換価値から優先弁済をうけることにより債権担保の機能を果たすものであるから,その目的物が価値的に別のもの(前記の損害賠償請求権,火災保険金請求権など。これを代位物Surrogatという)に姿を変えた場合に,その変形物に効力を及ぼすものとすることが衡平に適する。これを物上代位という。たとえば甲が乙に質入れ中の動産が第三者丙の過失によって失われた場合に,甲は丙に対し不法行為に基づく損害賠償請求権を取得するが,乙の抵当権が設定されていたところ,この家屋が類焼して,甲は丙保険会社に対し火災保険金請求権を取得するが,乙の抵当権は,この保険金請求権上に存続する。

 日本民法は先取特権について,目的物の売却,賃貸,物権設定,滅失,毀損によって担保設定者が取得した金銭その他の物への権利(売却代金,賃料等,保険金等への請求権など)の上に効力を及ぼすと規定し(民法304条),これを質権,抵当権にも準用する(350,372条)。

東海林 邦彦
平凡社 世界大百科事典

保険代位

保険者が被保険者に保険金を支払ったときに,一定の要件のもとに,被保険者の有するある種の権利が保険者に移転することをいう。保険代位は保険金の支払により被保険者が不当な利益を得ることを防止する措置であり,損害の塡補(てんぽ)を目的とする損害保険契約のみに認められ,生命保険契約には認められていない。商法上,保険代位には残存物代位(661条)と請求権代位(662条)がある。前者は,保険の目的が全部滅失し保険金が全部支払われた場合にその目的について有していた被保険者の権利が保険者に移転することであり,海上保険における難破物や火災保険における焼残物に対する所有権などがある。後者は,第三者の行為によって損害が生じた場合に第三者に対して発生した保険契約者または被保険者の権利が,支払われた保険金の限度において保険者に移転することであり,火災保険における所有者の賃借人に対する損害賠償請求権などがある。

高木 秀卓