平凡社 世界大百科事典

二次林

原生林がなんらかの原因で破壊されたあとに自然に再生した森林で,その破壊,再生の頻度にかかわらない。ただし,森林を伐採したあと植樹造林で成立した人工林は二次林とはいわない。二次林は天然生林と同義であるが,普通,比較的若い森林を二次林と呼ぶ傾向がある。二次林の種組成は森林の破壊の度合,気候,土壌などによって異なる。日本の暖温帯の里山は農用林として伐採や落葉の採取が行われ,地力が低下してアカマツ林となったところが多い。また,冷温帯で森林火災の跡はカンバ類の二次林となることがある。熱帯多雨林の二次林は立木密度が高く,つる植物の多いジャングルである。ジャングルとは熱帯の密林という意味に使われているが,成熟した森林というより若い二次林をさすことが多い。おもに萌芽によって再生した二次林は萌芽林とも呼ばれる。

堤 利夫