平凡社 世界大百科事典

無水コハク(琥珀)酸

コハク酸の2個のカルボキシル基から1分子の水がとれた構造をもつ環式酸無水物。融点120℃,沸点261℃の無色の結晶。減圧下100℃付近で昇華する。クロロホルム,四塩化炭素,エチルアルコールに可溶,水,エーテルに難溶。水と加熱するとコハク酸になり,アンモニアと加熱するとコハク酸イミドを生じる。ふつうコハク酸を無水酢酸,塩化アセチル,オキシ塩化リンなどと加熱すると得られるが,工業的には無水マレイン酸の接触水素化によって製造される。有機合成試薬として用いられる。

井畑 敏一