平凡社 世界大百科事典

チコリー

葉や根を利用するキク科の深根性多年草。キクニガナともいう。野生型のものはヨーロッパからシベリア,北アフリカに広く分布するが,ヨーロッパで栽培化された。日本へは江戸時代末期に導入されたが,一般化したのは近年になってからである。多肉の根から羽状に切れ込んださじ形の根生葉を広げ,春に高さ1m以上の花茎を出し,まばらに分枝し開花する。頭花は直径4cm以上となり明るい青色であるが,品種によって白,淡紅色のものもある。生育は旺盛で寒暖いずれの地域においても育ち,環境の適応性は広い。播種(はしゆ)は夏季で,早く播種すると抽だい(薹(とう)立ち)する。サラダ用品種は葉を軟白する。軟白しないものは苦みが強く食用にむかない。ドイツ,フランスに多いコーヒー代用品種は太い根を乾燥し,いって粉末にしコーヒーの代用,あるいは混用物として用いる。

高橋 文次郎