平凡社 世界大百科事典

突然昇温

冬から春にかけて,成層圏の極夜渦を形成している偏西風帯中で気温が急激に上昇する現象。この現象は高緯度ほど顕著である。気温上昇の大きさは,ふつう1週間に数十℃であるが,時には1週間に70℃以上,あるいは1日で30℃以上におよぶこともある。昇温は上部成層圏から始まり,下部成層圏へと伝わる。この昇温に伴って,典型的な場合には,成層圏循環に次のような変化が生ずる。冬季の成層圏循環を特徴づける極夜渦が崩壊を始め,二つの低気圧に分裂して南下する。一方,昇温域は北上し,北極が高温域の中心となり,ここに高気圧ができる。この結果,帯状流が西風から東風に変わる。つまり,冬型循環から夏型循環に変わるわけである。真冬に起こる突然昇温midwinter warmingの際,上述のような変化をして一時夏型循環になり,再び冬型循環に戻る場合,この突然昇温をmajor warmingという。循環の逆転を伴うまでには至らないが,1週間またはそれ以下の期間に25℃以上昇温する場合はminor warmingという。春になって成層圏循環が冬型から夏型に移行する際も,突然昇温によって導かれるのがふつうで,これを最終昇温final warmingという。突然昇温の発生は,対流圏からのプラネタリー波の伝搬に起因しているといわれている。突然昇温時には,しばしば対流圏で成層圏循環

菊池 幸雄