平凡社 世界大百科事典

汗腺

哺乳類の皮膚腺の一種で,汗を分泌する。一般の表皮から発生する小汗腺(アポクリン腺とも呼ばれ,粘稠(ねんちゆう)かつ臭気を帯びた液を分泌する)の2種が区別され,前者は漏出分泌(エクリン)型,後者は離出分泌(アポクリン)型である。一般に哺乳類の汗腺は離出分泌型で,足指の裏の趾球(しきゆう)のみが漏出分泌腺である。クジラやセイウチには漏出分泌腺はない。これに対して,ヒトでは大部分の汗腺が漏出分泌を行い,離出分泌型は腋窩(えきか)などに限られる。霊長類では類人猿に両者が全身的に混在する。動物の中でもウマやロバ,ヒトのように汗腺のよく発達したものと,イヌやネコのように汗腺がほとんど発達せず,趾球部にのみ見られるものとがある。趾球部の汗腺は獲物を捕らえる際の滑り止めの役割をすると考えられる。体表の汗腺からの発汗はその蒸発熱によって体温調節に役立っており,ヒトでは水分排出量の2~3%が発汗による。なお,ブタやウシは鼻の先からだけ発汗し,ウサギやヤギは発汗しない。表皮性毛囊からは大汗腺のほか全分泌(ホロクリン)型の皮脂腺が分化し,脂肪様の分泌物により毛や皮膚の乾燥を防いでいる。

町田 武生

ヒトの汗腺の構造と生理

小汗腺,大汗腺とも,皮膚の表層をなす細胞群が特殊な分化をとげて体内へ陥入して管腔をつくり,体表に向けて外分泌を行うような腺となったものではあるが,小汗腺は管腔の太さが0.3~0.5mmであるのに対し,大汗腺は3~5mmとなっている。分泌様式にも差があり,小汗腺では分泌物が細胞膜を単に通過する形で管腔内に放出される(エクリン分泌様式)のに対し,アポクリン腺では分泌細胞の管腔に面した表面部分に小突出物が多数生じて,これがちぎり取られる形で管腔内に放出され分泌物となる(アポクリン分泌様式)。また分泌細胞を囲むようにして筋上皮細胞があって,これが収縮して分泌物が体外に排出されるのを促すのであるが,小汗腺ではコリン作動性の交感神経節後繊維が分布して運動調節を行うのに対し,大汗腺はアドレナリン作動性の交感神経節前繊維が分布して運動の調節を行う。小汗腺はヒトではよく発達しており,暑さに出あうと最初に額の部位の皮膚からの汗の分泌が増大し,次いで顔から全身の皮膚へと汗の噴出個所が広がり,最後に手掌と足底からの発汗をみる。これに対して神経緊張性の発汗は,精神性発汗ともいわれ,手掌,足底から始まる。緊張したとき〈手に汗を握る〉のはこのためである。大汗腺としてはヒトの腋窩におけるものが有名であるが,他の部位,たとえば眼瞼,外耳道,肛門周囲にも存在する。また乳腺を一つの巨大な大汗腺とみなすこともできる。

山内 昭雄

汗腺の病気

精神性発汗で異常に発汗するものを掌蹠多汗症といい,指先や手掌,足底の皮がうすくむける状態を汗疱という。かんきつ類を多量に食べる人はその色素成分であるカロチンが汗とともに排出され,手掌,足底が黄染することがあり,柑皮症auvantiasisという。いわゆる〈

松尾 聿朗