平凡社 世界大百科事典

語尾

言語学の用語。単語を形成する。接尾辞と呼んでもよい。これには,それがつくと語幹(もしくは無活用の単語)が形成されることになる派生語尾と,単語の活用形が形成されることになる活用語尾とがある。派生語尾には常になんらかの意味が伴うといえるが,活用語尾にはなんらかの意味を伴うものとそうでないものがある。たとえば,日本語のkawakasanai(乾かさない)は,語根kawak-に派生語尾-as-がついてkawakas-という語幹が形成され,さらに活用語尾-a-がついて活用形ができ,付属語-naiがさらにつづいているといえる(1モーラを全体として扱い,その内部で切り離すことをしない考え方では,kawa-,-ka-,-sa-,-naiと分析する)が,-as-はある種の意味を伴い,-a-は伴わないといえる。しかし,kawakaseの活用語尾-e(または-se)は,意味を伴っている。派生語尾は,その単語の文法的機能を決定することも多い。たとえば,amai〈甘い〉のama-に-saという派生語尾がつくとamai(形容詞)とは異なる機能(名詞としての機能)をもつようになる。なお,派生語尾がついてできあがった語幹や単語が長い時間を経過すると,その語尾の意味が不明瞭になり,語尾といえるかどうかわからなくなる場合もある。なお,接尾辞は語幹または語根の前に付着する接頭辞,真ん中に割ってはいる接中辞などとともに接辞と総称する。

湯川 恭敏