平凡社 世界大百科事典

サトウヤシ

ヤシ科の高木で,砂糖をとるヤシとして有名である。幹は高さ15~30m,直径40~65cm,黒色で,表面はたいへん粗い。葉は羽状全裂で長さ6~12m,羽片は細長く,先端は切頭歯状で裏面は灰白色。穂状花序は長さ1~3m,花は雌雄同株。果実は核果で扁球形,長さ3~5cm,黄褐色に熟し,なかに2~3個の種子がある。インドからマレーシアに分布し,アジアの熱帯に広く栽培されている。属名Arengaはマレー半島の古い現地名。花序の液汁から砂糖,ヤシ酒,酢をつくり,新芽の褐毛は点火用ほくち,若葉は原住民のタバコの巻紙用にする。葉鞘(ようしよう)の黒い繊維はロープや刷毛をつくり,幹の内部の髄からデンプンをとり,幹は水道管とする。また果実の果皮部は,冷やして砂糖をかけて食べると美味である。砂糖をとるには花序の花軸を切り,流れ出る甘い液を,切口に結びつけた竹筒に集める。この液に石灰を加えて煮沸し,できたものが粗製の赤砂糖である。またこの液を4,5日発酵させて,蒸留するとヤシ酒ができる。

 奄美大島以南には本種の仲間のクロツグA.engleri Becc.を産する。クロツグは高さ2~4mの低木で,幹は黒い繊維で密におおわれている。葉は長さ3mぐらいで裏面は灰白色。肉穂花序は葉腋(ようえき)からでて橙色,多くの枝を分岐する。果実は球形,橙色に熟し,径約2cm。観賞用とするほか,茎のシュロ毛は結束用または縄索をつくる。

初島 住彦