平凡社 世界大百科事典

暗示

一般には他者によって与えられた言葉やジェスチャー,シンボルなどを,論理的根拠なしに無批判に受け入れることにより自らの考え,意見,態度,行動に変化が生じることをいう。多くの場合,暗示を受けた者はそのような変化を,他者によってもたらされたとか強制されたとかは思わず,なんとなく自然にそうなったと思う。そこには被暗示者の思慮分別や主体的,能動的な意志や意図が伴うわけではなく,したがって命令や模倣とは異なるものである。

 暗示による反応は催眠状態において最も生じやすいが(催眠暗示),ふだんの覚醒状態においても生じる(覚醒暗示)。また他者によって与えられる暗示を〈他者暗示〉といい,自分で自らに与えるものを〈自己暗示〉という。野球選手が絶対に落ち着いて球を打てると自らに言いきかせてよい成績をあげたり,反対にだめだと思っていると実際にも打てないというのは,自己暗示の例である。さらに集団に対して与える暗示を〈集団暗示〉という。また催眠状態で与えて催眠からさめた後に反応を生じさせる暗示を〈後催眠暗示〉という。暗示による反応の生じやすさを〈被暗示性〉といい,それには個人差がある。被暗示性は,性格,性,年齢,知能などのほかにそのときの個人の心理状態,疲労度など,またその場の雰囲気,社会的状況などによって影響される。被暗示性は多かれ少なかれだれにもみられるものであるが,ヒステリー性格者や精神発達の未成熟な者は被暗示性が高いとされる。被暗示性と催眠へのかかりやすさとは必ずしも同一ではない。一般に暗示には暗示者の威光が関係しているが,とくに意図的に威光を利用する暗示を〈威光暗示〉という。暗示は一方では神経症や心身症その他の不適応状態の治療に心理療法の一つとして積極的に利用されており,それを〈暗示療法〉というが,他方ではコミュニケーションの一手段として,宣伝,教化,洗脳,群集心理の操作,政治,教育などにも利用されている。→催眠

児玉 憲典