平凡社 世界大百科事典

スルフィン酸

炭素原子にスルフィン酸基-SO-OHが結合した有機化合物の総称。亜硫酸H2SO3の-OHが一つ,炭化水素基に置き換わった形R-SO-OHをしており,一塩基酸として弱酸性を示す。一般に不安定なものが多く,徐々に分解してスルホン酸チオールエステルとスルホン酸を生成する。

 塩化物,エステル,アミドなどスルフィン酸の誘導体も,やはりかなり不安定な化合物である。

小林 啓二