平凡社 世界大百科事典

硫化染料

一般に,比較的簡単な中間物(芳香族のアミン類,フェノール類,ニトロ化合物等)を多硫化ナトリウムNa2Sxと融解してつくられる染料の部属。硫化染料の特色は,製法が簡単であるため安価であるにもかかわらず,染色物は耐光・洗濯堅牢度が高いことである。色は黒,紺のほかに,赤,黄,褐色など種類が多いが,鮮明さは乏しい。実用的には木綿の黒染,紺染として以前はかなり使用されたが,近年生活レベルの向上とともに鮮やかな色が好まれるようになり使用が少なくなった。他の染料と異なり化学構造が単一でなく,したがって構造決定がなされていない。硫化染料は不溶性であるが,染色の際,硫化ナトリウムNa2Sで還元され可溶のロイコ体(ロイコ化合物)となり染着する。硫化染料のなかで,染色の際ハイドロサルファイトで還元浴をつくる染料は硫化建染染料という。

新井 吉衞