平凡社 世界大百科事典

亜硫酸

化学式H2SO3。水溶液としてのみ知られ,遊離の酸としては取り出すことはできない。二酸化硫黄SO2ガス(亜硫酸ガス)を水冷または氷冷下で水に通じて得られる。市販試薬の亜硫酸水は,SO2の含有量を6.0%以上とすることがJISに規定されている。無色透明の水溶液で刺激臭をもつ。酸性を呈する。二塩基酸で,酸解離指数pK1=1.76,pK2=7.19(25℃)。SO2含有量が23.7%(重量)以上の水溶液では12.1℃以上で2液相に分離する。強い還元剤であり,ハロゲン,過酸化水素などによって酸化されて硫酸H2SO4となる。

 H2SO3+H2O⇄SO42⁻+4H⁺+2e

酸化剤としても働き,無機酸を加えると酸化力が強い。

 4FeCl2+4HCl+H2SO3─→4FeCl3+S+3H2O

紫外線を長くあてたり,140℃以上の高温に加熱すると,次のような分解を起こす。

 3H2SO3─→2H2SO4+S+H2O

大気中に放出された二酸化硫黄は浮遊粒子表面をおおった水に溶けて亜硫酸となり,これが光化学反応によって硫酸に変化するのが,著しい大気汚染をもたらす〈硫酸ミスト〉発生の原因とされる。また雨に溶けて亜硫酸となるのが酸性雨の原因でもある。亜硫酸塩は一般に無色で(たとえばNa2SO3・7H2O),水溶液は還元性を示し,また湿った空気中ではたやすく酸化されて硫酸塩となる。アルカリ金属の正塩および水素塩,たとえばNa2SO3,NaHSO3,K2SO3,KHSO3,(NH42SO3などは還元剤として広く用いられ,工業的に重要で写真の現像薬,食品,繊維などの漂白剤として用いられる。

漆山 秋雄